関節症性乾癬(PsA)

皮膚症状と関節症状の発症のタイミング

関節症性乾癬患者さんの76.2%で皮膚症状が関節症状に先行し、18.7%で皮膚症状と関節症状が同時発症するという報告があります。

皮膚症状と関節症状の発症のタイミング
【対象】
関節症性乾癬患者 1,282例
【方法】
2014年4月~2015年3月までに新たに受診した関節症性乾癬患者を対象に年齢、性別、家族歴、乾癬及び関節炎の罹病期間などを評価した。

Yamamoto T. et al.: J Dermatol. 43: 1193-1196, 2016より作図

関節症性乾癬患者の治療満足度
(2018年12月11日~19日実施 インターネット調査より)

関節症性乾癬患者さんにおいて、皮膚症状や関節症状の改善効果に対するニーズが存在しています。

関節症性乾癬患者の治療満足度
【対象】
尋常性乾癬又は関節症性乾癬と診断され、1年以内に医療機関で乾癬の治療を受けている患者 500例
【方法】
2018年12月11日~19日にインターネット調査を行い、治療満足度を調査した。

社内資料(2018年12月11日~19日 インターネット調査)
本調査はユーシービージャパン(株)の資金提供により実査委託機関:楽天インサイト株式会社が実施しました。