監修:福岡大学医学部 皮膚科教授
今福 信一 先生

関節症性乾癬かんせつしょうせいかんせん(乾癬性関節炎)

関節症性乾癬は、乾癬の皮膚症状とともに関節の腫れや痛みを伴い、乾癬の患者さんの10~14%を占めると考えられています1)

症状

指やかかとに炎症を伴う関節の腫れや痛みがあらわれるほか、背中や首が痛むこともあり、重症化すると関節が変形する場合もあります。また、爪症状(はがれる、点状に陥没するなど)がみられることもあります。

関節炎の種類

  • 末梢関節炎

    手足の関節に起こる炎症です。

  • 指趾炎ししえん

    関節を超えて、手足の指1本全体の腫れが特徴です。

  • 付着部炎

    アキレス腱や足裏、踵などにみられる炎症で、痛みを伴います。

  • 脊椎炎

    無症状または腰痛と思われることもありますが、首や背中に痛みやこわばりがみられることがあります。

写真提供:
福岡大学医学部 皮膚科教授 今福 信一 先生
1)
Tsuruta N. J Dematol. 2019. 46(3): 193-198.